iCONTENTS経営者応援コラムECモールか自社サイト運用か?メリットとデメリットを踏まえたECサイト活用のご提案

ECモールか自社サイト運用か?メリットとデメリットを踏まえたECサイト活用のご提案

ECモールか自社サイト運用か?メリットとデメリットを踏まえたECサイト活用のご提案

ECサイトを活用したいと考えるとき、自社サイト運用(自社EC)とECモール(モール型EC)のどちらがいいのかについて考える経営者の方は多いといえます。この2つにはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらが優れているとはいえません。そこで今回は、両者の違いや特徴を踏まえた上で、ECサイトの活用方法をご提案します。

ECモール(モール型EC)のメリットとデメリットとは?


ECモールとは、たくさんのECショップが集まったインターネット上のショッピングモールのことです。代表的なものに、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングがあります。早速、ECモールのメリットとデメリットを見てみましょう。

■メリット
・集客力が高い
・信頼度が高い
・新規顧客を獲得しやすい
・ショップの認知度が上がる仕組みがある
・EC未経験でも始めやすい

集客力の高さはECモールの大きなメリットのひとつです。特に欲しいものがなくても、モールに立ち寄るお客様や、ついでに買い物をしていくお客様がいらっしゃいます。ECモール側が出店者を選んでいるということから、モールに対する信頼度が高いこともメリットといえます。

それに加えて、ECモールにはショップの認知度を上げる仕組みがあります。売上ランキングに応じてECモール内での露出が増えるシステムがあり、売上が伸びるほどお客様の目に留まりやすく、販売が伸びやすくなることもメリットのひとつです。

ECモール内のショップなら、一から自費でサイトを構築する必要はなく、未経験からでも始めやすいといえます。モール内ショップのサイトデザインは大枠が決まっていますから、画像や文章を入れ込むだけで、ECサイトの専門的な知識がなくてもすぐに販売を始めることが可能です。

■デメリット
・利益率が低い
・競合他社が多く価格競争が起こりやすい
・ショップのブランディングが難しい
・顧客情報はECモール所有

ECモールの出店には、初期費用や月額料金が必要です。ECモール内には数多くの競合他社(ショップ)があるため、当然のことながら価格競争が起こりやすいといえます。その分、利益率が下がります。

ブランディングが難しい理由は、ショップがECモール内の1店舗という位置づけだからです。ECモール内では、ショップの独自性が出しにくいといえるでしょう。ショップの自由がきかないのは、顧客情報を得られないという点でも同じです。どのようなお客様に、どのような商品やサービスが好まれているのかが分かりません。

自社サイト運用(自社EC)のメリットとデメリットとは?


自社サイト運用(自社EC)とは、自社固有のECサイトを立ち上げて、管理運用することです。ECモールを大型ショッピングセンターとするならば、自社サイト運用は路面店といえるでしょう。では、自社サイト運用のメリットとデメリットを見てみましょう。

■メリット
・利益率が高い
・ブランディングしやすい
・来店目的が明確
・顧客との深い信頼関係を築くことができる
・サイト分析に基づく売上改善ができる

自社サイト運用の利益率が高いのは、出店に必要な費用がないからです。ECサイトのイメージや発信する商品・サービス関連の情報、広告などもすべて自社で決めることができ、ブランティングのしやすさがメリットとして挙げられます。

商品やサービスを含めたブランドのファンが来店するのもメリットのひとつです。ECモールのように、お客様が何かのついでに立ち寄るということは少ないですが、一旦ついてくださったお客様のリピート率は高いといえます。紹介や口コミなどにより、顧客との良好な関係を構築できるのは自社サイトならではでしょう。

■デメリット
・自力で集客
・自力で運用
・ECサイトを構築する必要がある
・成果を上げるまでにある程度の時間が必要

その一方で、集客は自力でおこなわなければなりません。ECサイトへの流入を増やすには、広告宣伝や口コミなどで地道に認知度を上げていく必要があります。ECモールとは異なり、顧客情報が手元にあるものの、どのようなお客様にアプローチするか、サイトのどの部分を改善するかという運用の積み重ねがなければ売上は伸びません。

ECサイトをまだ立ち上げていない場合には、その構築から始めることが必要です。事業規模や販売する商品、サービス、予算、運用体制などに応じてサイトを構築、そこから販売を始め、改善を重ねながら売上を伸ばしていくことになりますから、時間がかかります。

違いを踏まえて双方のメリットを利用するのが得策


高い集客力と信頼性で新規顧客を獲得しやすいものの、競合他社の多さから価格競争が起こりやすいのがECモールです。売上が伸びてモール内での露出が高まれば、認知度を上げることもできます。専門知識がない初心者でも始めやすいのが特徴といえます。

情報発信などのコミュニケーションによりブランディングがしやすく、ファンとの信頼関係を深めることができるのが、自社サイト運用の特徴です。ふらりと来店されるお客様は少ないものの、顧客情報をもとに改善を積み重ねることで、売上を増加させることができます。

このように、ECモールと自社サイト運用には、それぞれの特徴があります。一言で表すならば、次のようになるでしょう。

・ECモール:薄利多売で認知度を上げるのに最適
・自社サイト運用:ファンならではのリピート率と高単価

賢明な経営者の方はすでにお気づきでしょうが、双方の特徴を活かし合うのが得策と考えます。集客モデルが異なる2つの方法でリスクを低減させるというECサイト活用は、いかがでしょうか。

まとめ


ECサイトを活用し、その売上を事業の支えにしたいと考える経営者の方のお気持ちは、痛いほどよく分かります。EC初心者でも、手軽かつ低コストで始めることができるECモールは、大変便利です。しかし、それだけに頼ってしまうのではリスクを高めてしまいかねません。

また、自社サイト運用だけでも、成果が出るまでにかかる費用や時間を考えると、二の足を踏むということもあるでしょう。そこで、双方の良いとこ取りで運用することをご提案させていただきました。

次回は、ECモールと自社サイト運用を併用し、成功したショップの事例をご紹介します。

経営者向け|アイコンテンツ経営セミナー

お客様に選ばれる企業へ

企業の魅力情報発信で売上拡大するアイコンテンツ経営戦略

電話でのお問い合わせ平日10:00~17:00

03-6890-0986

フォームでのお問い合わせ24時間受付中

メールでのお問い合わせ24時間受付中

info@icontents.co.jp

iCONTENTS経営者応援コラムECモールか自社サイト運用か?メリットとデメリットを踏まえたECサイト活用のご提案
経営者応援メールマガジン

中小企業経営の成果につながる情報を、
週に1度お送りするメールマガジンです。
下記フォームよりご登録ください。